ゼネモベース(新)

ゼネモベース(新)

見世物小屋の中で壁に向かってなんかブツブツ言ってます

MENU

Dr.STONE二期おめでとおおおおおおおおおおおお

こんばんはゼネモです。

モ〇ハンやめられません。

 

冬アニメも終わりつつあり悲しい。

しかーし、別れがあれば出会いも、再会もあるもの。

そんなわけでDr.STONE続編制作決定おめでとうございます!早くパン作りして!!!!!

 鬼滅、呪術と他ジャンプアニメが強すぎますが、しっかり続いてくれて本当に嬉しいです。

順当に3期だとは思いますが、今のところ続編、とだけなのでそこは気になるところ。尺的に劇場版だと収まりが微妙になりそうですが、劇場クオリティの作画で見てみたい気持ちもそれはそれであったり。でもOVAは勘弁な!

 

内容に関してはチラ見せ映像の通り遂に海上に出ることになりますが、原作通りなら2期までのVS司のような明確な敵が暫く出てこないのもあって科学パートがすっっっっごい楽しそうなんですよ。読者目線でも純粋に楽しめます。

上でも書きましたがパン作りは最新刊までの内容でも一番好きなシーンなので早くアニメで見たいところ。気球とか百夜さんとか武術VS才能とかも!

 

ドクストはアニメから入りましたが、理科大嫌いだった中高時代の自分に読ませて人生変えてあげたい作品と言い切れるくらいハマってしまいました。

原作からメチャクチャに面白いですが、それを色と動きと音付きで丁寧にアニメ化してくれた制作陣のお陰できっかけができた素敵な作品なのでこれからも末永く続いて欲しいものです。

 

由比ヶ浜結衣ちゃんのフィギュアが届いた

こんばんはゼネモです。

以前紹介したホイップメロンパンのパッケージに売れ筋人気!と記載されるようになってて、勝手に後方彼氏面してます。

 

 

今日は、こちらの由比ヶ浜結衣ちゃんのフィギュアが届きました!

fnex.jp

 

からしてデカい。

f:id:zenemo:20210324232502j:plain

ゼネモの写真スキルが低すぎるのでわかりづらいですが、40cm×35cm×30cm位だと思います。お値段2万円台とあって、1万前後のフィギュアより一回り大きいスケールかと。

フィギュアもですが箱の管理が大変だ~

 

f:id:zenemo:20210325004027j:plain

箱の側面はフィギュアの元になったイラストが。こちらの絵柄のクリアファイルも付いてました。

 

f:id:zenemo:20210324232415j:plain

取り出すと相当かわいい。

値段の殆どがそこにつぎ込まれてるんじゃなかろうか?と思うくらい、着物のボリュームと作り込がハンパないです。

遠目でも反射光で存在感を発揮してくれる模様もさることながら、掛下の色合いも心地よく目立っていて観賞用のフィギュアとして高得点。

これまた写真じゃ分かりづらくて申し訳ありませんが(興味ある方は上の販売元URLをどうぞ)、着物のサイズもあって、そのたなびき具合に思わず目を奪われてしまいます。

アニプレアルティメットまどかとかそういうボリュームマシマシな裾がとても好きなのでゼネモ的にポイント高いです。

 

そんな感じで白無垢という衣装、幸せそうな笑みと色々と妄想が捗る一品でした。

詳細はまだ分かりませんが、俺ガイル結の制作も決まったということで、結の名を冠する結衣ちゃんのファンとしては期待せざるを得ないです。救われてくれ!

 

 

フィギュア棚に飾るついでにゼネモコレクションをこっそり自慢

f:id:zenemo:20210324232138j:plain

この中だと〇リタリアちゃんが特にお気に入りですが、結衣ちゃんのボリュームと色使いは存在感が強すぎるので毎日鑑賞していたら変わるかも。

写真として撮ったせいもあると思いますが、こうしてみると暗いですね・・・普段は気にならないのに・・・フィギュア棚用の照明も買おうかな。

 

写真はもっと頑張るぞ!

春、始まれ

こんばんはゼネモです。

ちょっと歩いてたらコート要らない位に熱くなったので、そろそろ卒業かな?

 

というかもうすぐ4月なんですね、早い!

「3月中は毎日更新する!」宣言と共にこのブログを再開して2週間以上たちましたが、ほぼほぼ続けられていて自分をほめてあげたい。1日気絶したせいで連続更新は途切れちゃってますし、内容うっすい記事もありますが・・・

それでも続けれていることを誇っていきたい。

 

途中でネタが切れたと泣き言をほざいて以下3種を書くとか言ってましたが、微妙な感じ。

漫画、アニメ感想、ゲームプレイ日記

ちゃんと書こうとすると2時間とかかかってしまい、シャドバの記事は結構頑張ったつもりですが、その分時間が滅茶苦茶かかって毎日はやりたくないと思いました。

かといって30分くらいで書こうとすると内容がとても薄い記事になってしまう。しょばすたとか昨日のすずね☆の記事は薄い・・・
アニメレビュー

未着手。今週は取り掛かれそうにありませんが、来週中には1作品書きたいです。

 

うーん虚無。

自分の日常での比率が高い内容でこれなので、やっぱり普段から話の種を集めておくことが大事なんですね・・・

創作のネタにするためという名目でブログの記事になりそうなことからしょーもない発想まで逐一メモるようにしてみたいと思います。結果は忘れたころにでも。

 

では今日はこの辺で。

今更ながらすずね☆マギカを読んだ

こんばんはゼネモです。

雨のせいでチャリ運転中に滑ってこけました。痛くて悲しい。 

許すまじタイル床。

 

 というわけで、タイトル通り魔法少女すずね☆マギカを全巻読破しました。

 

鈴音ちゃんに関してはガチャ引いたとかで当ブログでもちょいちょい触れてる気はしますが、その割に実は原作の方は読んだことがありませんでした。

ちょうどアマゾンがポイント還元セールしてたのでいい機会にと全巻買ってみました。

 

この前のマギレコ内イベントで色々と致命的なネタバレを食らってましたが、それでも楽しめたのは幸運。むしろ一線は越えさせまいと奮闘していたマギレコのせいで、展開が際立った感まであります。

今でこそまどマギは可愛い絵柄とは裏腹なダークな作風として定着していますが、それが釣り的に機能していたまどマギ本編放送時の、おりこと同じタイミングで読めてたらめっちゃハマれてたんだろうなという感じ。

ただラストのまとめ方は本編よりも前を向けるのが良かったです。(百合的にも)とても好きです、満足。

あと鈴音ちゃんの衣装が相当えっち。この格好で中1は無理でしょ。

 

にしてもマギレコのイベントのせいかそんな気が全くしませんが、すずね☆は2013年の作品なんですね。元々高い作者の画力が更に別物レベルに上達しててとても良きかな。最近のイラスト相当えっち。

 

ちなみに叛逆も同じ時期なんですね・・・新作待ってます。誰が何と言おうとあれで終わりとは言いたくない派です。 

 

 

流星も忘れないでね

こんばんはゼネモです。

うるさい風を止めに行きたい。

 

ロックマンエグゼが20周年とのことでおめでとうございます!

コロコロキッズだったゼネモも漏れなくエグゼは直撃世代でした。

誕生日にGBAと一緒に買って貰ったのがロックマンエグゼ初代で、以降3を除くナンバリングタイトルは6まで履修済みです。名作と言われてる3だけなぜかやってないんですよね・・・ルビサファが近い時期にあったせいかな?

 

鷹岬先生の漫画も毎月クオリティが高くて本当に面白かった。

フォルテの読み切り?が好き。

エグゼ、デュエマ、じーさん、ベイブレード、デデププカービィの最強布陣はコロコロ買ったら真っ先に読んでいました。

 

そんな漫画が小学生御用達のコロコロで連載されてるわ、地上波夕方でアニメもやってるわで学校でも勿論人気で。デュエマ、遊戯王ポケモンに次いで、と言った感じがします。改めて思うとコロコロが強すぎる。

個人的な事情だと、近所の友人もやってることと、デュエマと二刀流でやってる友人も多かったので何かと話題や対戦の機会には欠かしませんでした。

特にデュエマと同時上映したときが一番すごかった気がします。デュエマは多色編、エグゼは5とどちらも旬の時期で、どちらかと言えばデュエマ寄りの自分でしたが映画の前売り券は、5のカーネル版が先行で手に入るエグゼセットの方を選びました。

 

ゲームとしては、GBからGBAへのグラフィック面が大幅に強化されたハイクオリティなドット絵、電脳空間という子供心をくすぐられる近未来設定、原作から頭身が上がりスマートになったメカメカしいナビたちのデザインと好きになる要素しかありませんでした。特にナパームマンとシャドーマンが好き。

戦闘面では3×3の移動が複雑になり過ぎず、それでいて奥深い絶妙なバランスによって生み出される、ポケモンドラクエのような完全ターン性バトルからワンランク上の難易度にドはまりしてしまいました。リアルタイムで動き続ける相手に狙いを定めるのが難しいし、チップの使う順番もあらかじめ決めないといけませんが、それが決まった時の爽快感と言ったら堪りません。

でも当時はエリアスチールの強さに全く気付きませんでした。アストラルリーフやボルバルを弱いって言っちゃうのと同じだと思う。

バトルチップでは見た目と威力的な意味でパラディンソードが、プログラムアドバンスは全部ヒットすれば確殺できるボディガードが好きでした。

 

とまあそんな楽しい面だけでなく、辛い面もあって

1は攻略本も攻略サイトも見る習慣がないのもあって隠し要素までたどり着けず、

2は猿でもできるプリズムフォレストで無双できたかと思えば隠しステージの3体同時に倒さないと復活してくる敵で詰み、

4は3×2周したのに、2個目のトーナメントでカレーのミニゲームしてくるモブに出会えず泣き、

5は待ちに待ったはずの他ナビの操作が難しく難航して100人斬りのミニゲームクソゲー

最後の6はシリーズが終わってしまうんだなという雰囲気に泣いたりと、

ポケモンとかFFとか、レベルを上げたら物理で勝てるゲームばっかりやっていた自分にアクションゲームの難しさを叩きこんでくれた作品でもあります。最後はちょっと違うけど。

というか今にして思うと、やり込み要素に関してはメインターゲットの小学生に合わせて作ってない気がしますね。。。強化ボスをS評価で倒せとか大人の今でも簡単にできる気がしません。

 

 

そんな経験を経たお陰か、流星シリーズは全作フルコンプまで行けたのでエグゼも是非ともリベンジしたいです。

履修しなおしたいのでSwitch辺りに移植か新作待ってます。WiiUは持ってません・・・

勿論流星のロックマンも是非お願いします!

SHOW BY ROCK!!STARS!! 11話 ましゅまいれっしゅ、始まる

こんばんはゼネモです

足の腫れが収まってきました!

 

というわけで先日放送されたSHOW BY ROCK!!STARS!!11話。

 

今回はゲスト参戦の他バンドも登場せず、話もましゅの曲つくりに主軸がおかれていて、3期のセルフパロがふんだんに盛り込まれていたのもあってましゅまいれっしゅが帰ってきた!と思える回でした。

改めて思えば3期とそれ以外で結構作風違いますね。

 

マシマヒメコさんがドヤ顔で貝を取り出すところが相当好き

 

今までの回想のとこ、何か足りないなと思ったら野郎どものバンド!

前回どこ指と接触したのはプラズマですし、ましゅ目線だとそうなりますね。

こうしてみると唯一男性バンドでましゅと接点あったリカオさんが異質。

 

そんなこんなで始まるMIDCITY WORLD WIDE LOVE ROCK FESTIVAL(長い)

どこ指が弁当食べてるところの双循さんがツボ。作画雑過ぎるでしょ

そして忍び寄るジーペさんの陰・・・

予告見ると一期二期みたいにみんなでバトりそうな雰囲気ですが果たして。

次回最終回ですがBVLのしょーとはあるのかが一番気がかりです。

 

それでは今日はこの辺で。

 

 

 

マクドナルドの期間限定商品は常設して欲しい

こんばんはゼネモです。

ここの最初の一言コメもネタが尽きそうです。

というか既に重複してそう。

 

今月は毎日更新!と言ってた割に昨日は更新できませんでした。

言い訳をさせてもらうと、夕食を食べた後、急激にめまいがしてそのまま明け方まで寝てしまいました。

これがウワサのドカ食い気絶ってやつでしょうか?

でもめまいがあまりに辛すぎて立つどころか座ってすらいれず、気持ちよく寝れそうという感じはしなかったので想像していたのとちょっと違う気がする。

 

「めまい 原因」で調べたら、食べすぎると消化吸収のために低血圧を引き起こしてその結果めまいが起こるらしいのでそれかなと思います。ドカ食い気絶ってのも同じ原因ぽいですが、どうして昨日はめまいだけ・・・

マクドナルドで持ち帰り購入したものを食べた後、チョコパイとカントリーマアムを数個つまんでいましたが、改めて思うと確かにカロリーが高い。

今は何ともないですが、昨日のめまいは軽く4にそうだったのでちょっと気を付けていきたいと思います。

 

ではでは。